めざせ、Funky Sound♪(仮)

2006/12よりついにSAXOPHONEを始めました♪ 飽きっぽい私がどこまでいけるのか!? それが一番の問題なのです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月から新クラスなのですが、早速1週目から休んでしまいました

日曜の夕方となると、遊びかレッスンの二者択一だからなかなか難しいです・・・

その点で、出欠に関してうるさくない大人のレッスンはいいですよね

6歳から18歳まで通った、ピアノの先生はその点・・・・・・・・ね
そんな暗い過去は置いといて(笑)



新クラスは、グループレッスンです。
(正確には旧クラスもグループだけど)

30代の男性2人と、20代の女性と一緒です。

たぶん女性の方は吹奏楽上がりな予感です。

めちゃ上手いし・・・

付いていけるのか不安です。


「教本のどこまで進んでます?」と聞いたら「もう終わりそうですよ~」と返ってきてこれまた不安

スケールを見たら♯が5コとか♭が5コとか、そんなんで死にそうです



さて。

発表会が終わりましたが、次は12月に忘年会的なクラスアンサンブルをやるそうです!

これは楽しそう


その楽譜が配られました。

わ~~い!情熱大陸だあ!!

それからI GOT RHYTHM。


しかし、初見でやるのは無謀ですがな・・・

指もタンギングも付いていきません。

先生と上手い女性の方以外は置いてけぼり(笑)


しかし、スウィングのリズムが難しい。


ドゥーダ ドゥーダ ドゥーダ・・・・・♪

ダのとこを強調する


このように教わりましたが。



できません!わかりません!タンギングが付いていきません!楽譜読み間違えそうです!
ガクガクブルブルの発表会当日。

なんで出るって言っちゃったんだろーと、激しく後悔の朝。

さらに、前日に飲みすぎて寝坊&軽く気持ち悪い

激しく自己嫌悪の朝。


朝9:30~音合わせがあるので、やっとかなきゃマズイ!

這うように行きました・・・


この音合わせで、とんでもないミラクルが起こったわけです


なんと、ほぼノーミス!!!


ありえねー信じられねー


指がもたついて1音飛ばしてしまったぐらいで、あとは音が出なくなることも、苦しくなることもなく。


これには先生も思わずビックリ(笑)

おそらく、起きたばっかりで力が抜けまくってたからです


しかも先生に「もっと息継ぎしてねー」とまで言われ。

今まであんなに苦しくなってたのに、ほとんどブレスがなくてどうして出来たのか??です。

もしかして、意識しすぎてたのかなあ~。



気を良くして、そのまま本番も抜かりなく終了いたしました

大きいホールでやるのは、すっごく気持ちよいです。

もしかして、本当に本番に強いタイプなのかっ??




さて、次回からは新クラスです

一緒になる方3人の演奏を聞いていて、かなりレベルの差を感じたので頑張らなければいけません。

大丈夫かなあ~~。

でもしばらく人前ではやらないと思うので、落ち着いてやっていこうと思います。

そして、次回の発表会に出るとしたら、やりたい曲は1曲既に決めちゃってます

出来るようになりた~い!

いよいよやってきてしまった、恐怖のリハーサル・・・

前回のレッスンから、この日まで何度腹式呼吸の練習をしたことか(笑)

直前にやる練習じゃあ、ないですけどね

家がマンションでなかなか音出せないから、これぐらいしかできないので。


しかーし、前日の練習を聞いていた母が、出掛けに一言。


「あんた、そんなんで人前でやっていいの?」


いや、よくないんだ。よくないんだよ、ママン・・・


幼少の頃より、何十回と「発表会」たるものに参加してますが、こんなに苦労したのは初めて

レッスンのときに先生とも話したのですが、ピアノは暗譜さえしてしまえば、本番はいくら調子悪くても指が勝手に動く。
しかし、サックスはそういうわけにいかず、風邪でもひいたら一環の終わり。
じ・えんど!


体調とか、湿気とか、天気とか、そういうもの全てが「音」に関わってくる楽器ですから。難しいもんです




そんな釈然としない思いを抱えつつ、リハーサルへ。

この日はものすごく暑くて。

準備してるときに、音出ししたらものすごく楽器が鳴ったんです

びっくりするぐらいに(笑)

これはいけるかな~とちょっと思ったり。

まあ、人生はそんなにうまくいきませんがな。



先生が受け持つクラスほぼ全員が集まり、20人ぐらい?

そんな大勢の前で演奏するのは初めてです。

思わず力が入ってしまい・・・

♪ALFIEではリードミス多発

噛みすぎでした・・・


でもなぜか、いつもみたいに苦しくなったり息が詰まったりすることはなかったです

私ってやればできる子?(笑)


♪You've got a Friendは概ね、満足のいく出来でした

本番もこんな具合でいってくれるといいんですが・・・



2番目にリハが終わったので、あとはゆっくりと皆さんの演奏を聞いてました。

上手い方は本当に上手いです。

ソプラノで情熱大陸やったりとか~。

クラシックのものすごい大曲を完璧にやったりとか~。



他のクラスの方と初めてお会いしました。

年齢は、私がたぶん下から2番目です(笑)
(大人向けの教室だからこんなもん?)

ジャズもポップスもクラシックも入り交ざって、面白かったです

残念ながら、私が目指す音を出している方はいませんでしたけどねー。

それはそれで、いっか。
発表会前の、最後のレッスンとなりました

やばいですねー。


前の週にやった練習曲を、先生とパート交換してやりました。

今度は細かく上がり下がりするので、大変~


譜面を読みきれてないことと、喉の開きのビミョ~な加減が難しいですねー。

どちらにせよ、規定のスピードに付いていくのはムリでした。


なのに、発表会後の9月のレッスンからは、1つグレードが上がります

こんなんで大丈夫なのか~



最後の曲練習・・・


直前なのに、こんなんでいいのかぁ~

と思わず逆ギレしようか、ってなぐらい最悪



やっぱりどうしても疲れちゃうんですよね・・・

息も詰まるし・・・


音がなくなったら、先生のピアノで誤魔化してもらうことになってるんですが

半分以上、ピアノの音だったらどうしよう(笑)



そんな不安をかかえつつ、来週はリハーサル。


イコール、他のクラスの生徒さんたちも大集合して本番さながら演奏してみる、っつー何とも(今の私には)無謀な試み。


いかん。

憂鬱だ・・・
1週空いている間に、リードをJAVA2半から3へ変更しました。

今回の箱、当たり!っていうのがない・・・

がっかりだよ!←桜塚○っくん風



半分違うと全然違います。

また吹き込めてない、ってのがあるけど硬いです。

でもヘタり感とつまり感がなくなったので、まあ良いかな


知り合いのプロの方が、(その時はソプラノの話だったのですが)「2半と3の間がホントは欲しい。」って言ってたけど、まさにそれ!


音が良く出るようになった、と言われたのでこれでもうちょっと練習です。
「疲れてきたら2半に戻してもいいよ」とも言われたけど(笑)




さて、今日はまず教本の練習曲を2曲やりました。

最初は前回「♭が読めない」とグダグダ言ってたやつ。

相変わらず読めませんが~

でもだいぶ進歩したぞ。


そしてもう1つは新曲。

八分音符と四分音符の三連符の違いについて。

特に四分音符のほうは注意が必要。

「・」が間だとすると、

・・・

でもなけりゃ、

・・・

でもない。


・・・・

これです


普段は感覚でやってるので、改めて言われるとあぁそうかって思います。

でも好きなリズム。

このフェイント感がたまらん(笑)




さて、曲です。

通してやったけど、あとはやっぱり息のコントロールの問題です

ALFIEは2回はできません・・・もたない

どこでブレスを取るか、どこでゆっくり入るか、を伴奏の先生と打ち合わせました。



今日先生から教わったコツは。

・一番最初の前奏中、ブレスを取る前に息を吐き出しておくこと


これはなるほどです。

吐き出しておかないと、たくさん吸えませんから・・・


女性は特に、なんだそうですが、胸式呼吸のため腹式呼吸が下手なんだそうです。

そこが上手くできるようになれば、大人ならサックスは良く鳴らせるということでした。


私自身、どうもまだ腹式がよくできておらず、曲が進んでゆくと意識も向かなくなりブレスが浅くなってしまってます。

それが苦しくなって喉を締め付ける原因


わかっちゃいるけど、なかなか直せません。


家で音が出せないので、ネックだけ使って腹式の練習してます・・・

それ、ぜひ続けてみてね、って言われました。


発表会に間に合うのかしら(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。