めざせ、Funky Sound♪(仮)

2006/12よりついにSAXOPHONEを始めました♪ 飽きっぽい私がどこまでいけるのか!? それが一番の問題なのです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
う~~ん・・・
何も書かないうちに、15回目のレッスン日です
いかんいかん。
4月の最終レッスン(4/15)はサボっていたので、ほぼ1ヶ月ぶり。
昨日、2週間ぶりぐらいに楽器を触りました。
アリエナイ。
こんなんじゃ上手くなるわけないっ!


今日は喉がイガイガします。
遊びすぎのGWの報い?風邪ひくのかなあ・・・
悪化しないように気をつけよう。
サックスにも喉はかなり重要ですから。


そんなこんなでレッスンへ。


記録していなかったレッスンの間に、

・下のB♭まで
・C♯


が加わりました。
あとは曲をちょこちょこやっていたかな。
ネスカフェのCMのヤツ(♪Killing me Sofetly)とかやっちゃったり。

最近のレッスンは進みが速いです。
そして問題もモチロン(勝手に)起こっています。


テーブルキーと小指問題のコラボ、ね(笑)
はい。
下のB♭が押せません・・・
届かねーーーっ!
予想通りですっ・・・・ううううぅぅぅ・・・orz...

一番力が入らない左手の小指で、一番大きいフタを2つも動かさなきゃいけないんですから。
息もたくさん入れなきゃだし!
しれっと、フレーズの中に入れ込んでるプロの人たち、マジで尊敬だわ←プロに失礼


キーを押さえられてもアンブシュアが崩れて、息が入らない。
息が入ったと思ったら、指が届いてない。
やっと音が出たと思ったときには、左腕と体の曲がり具合でへんてこりんな格好になってて。
おいっ!って感じです


そのB♭から始まるスケールからレッスン開始。
笑うしかなかった・・・
先生も「まあ、そーんなに使わないからね。」と苦笑いです。


一通りのスケールが終わったとこで、先生から「ほんとに音がしっかりしてますよ」とお褒めの言葉が・・・
や~マジで嬉しいっすなあ。
「そこばっかり気にしてますから・・・(笑)」

実際、後から音を大きくさせようと思っても難しいから、今からそうやっておくのが良いと思うので。



その“しっかりした音”という点で、今日は裏ワザ(!?)を伝授してもらいました。

上のC♯を出すとき

オクターブキー以外は開放してしまうこの音。
どうしても、楽器も不安定だし音も不安定になりがち。
特に、伸ばすのが難しくて悩んでました。
びゃーとかびしゃーとかぴーとか鳴っちゃって。


そういう場合には・・・

右手の3つのキー(F・E・D)を1つ以上たしてみる!

だそうです
わざと音をこもらせてみる。
やってみたら、なるほど!!でした。
次の音にいくとき、外すの忘れないように。
今日はAに戻るのにバタバタしちゃいました

次回までの宿題。
上C♯をどの指でのばすか、研究!!
(曲によっても感じが変わるそうですよ)


今日もひとつ利口になったかな~。(笑)



スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://pigumo5beat.blog38.fc2.com/tb.php/83-b7eaacd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。