めざせ、Funky Sound♪(仮)

2006/12よりついにSAXOPHONEを始めました♪ 飽きっぽい私がどこまでいけるのか!? それが一番の問題なのです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日は5回目のレッスンでした。
(本当は6回目なんだけど、先週はあるのっぴきならないライブに行くために休んだ・笑)

先週進んじゃったかな~と思って、クラスのおじさまに聞いたら「すすんでないよ~」とのこと。
どうやら、おじさまは音符が読めないので、そのあたりの基本講座をやったらしい。


そんなわけで先々週の予告どおり、オクターブのレッスンでした。
一気に音数が倍に広がるわけですからね。
それだけで嬉しくなっちゃうのです

ですが、なかなか難しくて・・・
家でも少し練習して行ったものの、やはりオクターブキーを押した途端に音色が変わってしまうのです。
もはやこれは同じ楽器なのだろうか!?というレベルで(笑)


おまけに、なぜか私の楽器からは和音が出ている!!
これはアリエナイ
絶対にアリエナイ!!


レッスン後に先生に相談しました。
そしたら、要は「力の入りすぎ」らしいです。
まだまだブレスが上手くできないため、苦しくなって力が入ってしまうのです。
先日から気になってた“下あごが疲れる”のもそのせいらしい。
またはリードのせい。
「まだ今は違いってよくわからないと思うけど、上手くなるにつれて道具、特にリードにはシビアになるわよ~」って先生は笑ってました。
金かかるぜえ~

ついでに、「レの倍音が出てしまう」という件についても相談。
オクターブキーを押してないのに、上のレが出てしまうのが最近の悩みで。

これは簡単に言ってしまうと、「息の種類」の違いらしい。
「あたたかい息」「冷たい息」かの違い。
低い音を出すには「あたたかい息」(要は手に息を吹きかけて暖めるような息)が必要で、高い音を出すには「冷たい息」(これは熱いものを冷ますような息)が必要なんです。


この表現にはなんだかとても納得
サックスには息の入れ方がとっても重要ですが、ごく個人的なものだけに教本を見ても、明確な答えは載っていません。
自分なりに探していくしかないんですよね。
そこが難しいところです。

スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://pigumo5beat.blog38.fc2.com/tb.php/58-f3d8c121
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。