めざせ、Funky Sound♪(仮)

2006/12よりついにSAXOPHONEを始めました♪ 飽きっぽい私がどこまでいけるのか!? それが一番の問題なのです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回のつまづきから1週間。

腹式呼吸がちゃんとできていないときがある、という推測に辿りつきました。

そしてもうひとつ。

マッピをMeyerにして4ヶ月ほど経ちますが、知らないうちに喉のあたりで音を調整する癖がついてしまったようです。

で、喉が絞まったようになって息が入っていかない


最終的に、喉だけで呼吸をしている状態になっているんだと思います。

だから苦しくなる

そしてアンブシュアも崩れる


要は、基礎からやり直せってことです。


そんなわけで、マッピをYAMAHAの4Cに戻しました。

はっきりいって音がつまらない。

のっぺりと平坦

ですが、音のコントロールは気にしなくていいので吹きやすいっちゃ吹きやすい。

ただMeyerに比べるとオープニングがめちゃ狭なため、反応も激悪です


しかし新しいマッピを買う経済的余裕がないので、とりあえず仕方ありません。




そんな話からレッスンスタート


まず、教本にある練習曲をやりました。

早速問題発生(笑)

♭が読めませ~~~~ん!!!


♯もそうですが、「読みなれてる」っていう感覚がありまして。


♭では、B♭・E♭

♯では、C♯・D♯・F♯・G♯


です。

これだったら、咄嗟に反応できます

しかーし、テキストにあった臨時記号の嵐ではぜ~~んぶ♭系。

D♭・・・なんだよー!C♯って書けっ!!
A♭・・・G♯でいいじゃんか!
F♭・・・んなの見たことねー!最初からEにしとけっ!

と心のなかで毒づき、全部自分で書き直しました。

いらっとしてたら、「私も♭キライ・・・」って先生がボソッとつぶやいてましたが(笑)


ぱっと見てわからないと、私の頭には鍵盤が浮かびます。

そこで「ああ、D♭=C#ね・・・」とやっと納得するので余計遅いわけです。

当分は楽譜に書き込みながらやるしかないです。

楽譜にカタカナで音ふるの、実は逆にわからなくなるから嫌いなんだけどしょうがない。



さて、曲のほう。

どうも、ALFIEで音がつまる

今日も調子悪いのかなあ、と思ったのだけどYou've got~のほうは、今までで一番の出来だったし・・・


ALFIEは音の高低差が激しく、しかもその感覚が短いためコントロールが大変です

さらに、大した休符もないため崩れた呼吸とアンブシュアを立て直す暇がない

かなり苦しい。

それに比べてYou've got~のほうは、割と淡々とすすんでゆき、休符やら間奏も多いため立て直す暇がたくさんあるのです。


2回ずつやって先生が出した結論

リードを変えてみよう!!

現在JAVAの2半ですが、JAVAは柔らかめにできているため同じ2半でも青箱と比べるとかなりヘタリやすい、とのこと。

Meyerでできてしまった感覚で4Cを吹くということだから、JAVAなら3がいいかも、とのことでした。


しっかり吹けてきたから、2半だと高音でリードがヘタるそうです。


ちなみに先生から青箱の3を貰って吹いてみたけど、これは硬すぎてダメでした。ぐるじい~~~ってなってた(笑)


そんなわけでレッスン帰りにJAVAの3を購入。

リード3箱目ですが、まだ同じものを買ったことはありません(笑)

さあ、選定選定
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。