めざせ、Funky Sound♪(仮)

2006/12よりついにSAXOPHONEを始めました♪ 飽きっぽい私がどこまでいけるのか!? それが一番の問題なのです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この日は私1人でレッスンでした。
グループコースは1回60分で、個人コースは1回45分なので、1人で60分は美味しい感じ

出来てるところ、出来てないところを先生がキッチリ拾ってくれるので、ありがたいです。


ちなみに、この日やったとこで出来ていないこと。

・低音→高音、高音→低音の移行
・高音の安定
・アンブシュア


後者2つは、半永久的な(?)課題でしょうか。
口周りが疲れてくると、アンブシュアが崩れて高音が安定しなくなっちゃいます。
オクターブキーを押すことで、左手の親指に無意識的に力が加わって無意識的に口に力が入る→口が疲れる→アブシュアが崩れる。
という、最悪パターンです


音の移行は、

・低音と高音の「発音の違い」(ブレスの種類・吹き込むスピード・微妙な口の具合・・・等)に気をつける。切り替えを早くできるように。
・運指を滑らかに

というのが解決への道。


そのために、練習はしっかりロングトーンをしなければならないけど、決して早くはない夜8時ぐらいに、家の中でロングトーンをするには気が引けます。
曲ならまだマシだけど、不可思議な「ぱーーーーーー」とか「ばーーーーーー」とか繰り返すわけですから(笑)
お隣さんもさぞかし迷惑でしょう。
練習方法も考えなくちゃ。



出来てる、と言われたこと。
・低音の安定

どーしても低音が好きなんで、目指す音が意識しやすいのです。
だから低音ばっかり練習しちゃう結果。
ちゃんと息も吹き込めてるし、いい音鳴ってますね、と。
リードミスもほとんどなくなったし、慣れた?と聞かれました。

慣れた、というより単にリードの選び方がわかってきただけかも・・・(笑)



ちょうどいい機会なので、マウスピースが欲しい話をしました。
先生はSelmerを薦めてきました。Meyerは初心者は吹きにくいかも・・・ということです。
Selmerの190を先生は使用してるとのこと。
Selmerでもリードを薄くして、バリバリしたのを吹く人もいますよー。だそうです。
へ~~~。
マウスピース+リードの組み合わせは未知数です・・・
地獄の堂々巡りに陥る人も少なくないですよね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。